風俗でフェラをしながら

エッチなことをいっぱいしたい

えっ……大丈夫なの??私はそれだけが一番心配だったんだ………捜査協力みたいな感じだったのうん、大丈夫だった!
「捜査協力??自分から話したのに??」
「うん!綾は結局店とか社長の話をいろいろ聞かれただけだった」
「じゃあ、逮捕とか綾ちゃんはされない??」
「うん!されない所か、親にも言わないでくれるみたい!!」マジ??「うん本当助かった!!」……。うん「だけどさあ……社長は捕まるよ。店も営業停止には絶対になるし……」
「じゃあいつ摘発に行くとかもう決まってるの??」うん……明後日みたい!明後日??「そう。もう綾が全てを話したから、綾が証拠になるからさ!」
そっかあ……「これで、私はもう満足だよ!」すると綾ちゃんがニコっと笑った。
「綾ちゃん……。もう本当いつも勝手なんだだから!」
「何??綾のことがそんなに心配だったJ」当たり前でしょ……私は下をうつむいた。
ごめんごめん!!それに…………。うん??「昨日、何度も後輩から電話かかってきてたんじゃないの??」えつ、まあ……そういうと綾ちゃんは私から目をそらした。本当に、後悔してないの??
私は聞いた。絶対に後悔してるはず………だってもう会えないかもしれないんだもん…………。
後悔なんてしてないよ
綾ちゃんはボソっとつぶやいた。……。そうなんだぁ綾ちゃんの言葉が私にはすごく悲しかった。ツッチーの事を想う気持ちは本当に大きかったっと思っているから。
「はあ~もう今日から楽になった!!」綾ちゃんは言った。どうして……??「うん??だって社長への復讐は終わったし、それに………もうツッチーの事考えなくてもいいんだもんよ」……。そっか私には綾ちゃんが強がってるようにしか見えなかった。あっ、そう言えば………私は後輩に言われた事を思い出した。……。うん何??「昼間に、私のケータイに後輩から電話きたんだよ」そうなんだ………綾ちゃんは少し気になるような感じだった。
「飛行機……行っちゃったよって……」
昼間に出発したんだ!いいねぇ~あっ、綾ちゃんは無理矢理明るく話している。
「それでね………。綾ちゃんに、ツッチーから……」………何??「何かわからないけど、預かってる物があるみたい」
………。何それ??「私にはよくわからないけど……」
「そっかあ!前に貸してた借金かなぁ」
「とりあえず、後輩に電話してあげてよ」私は自分のケータイを綾ちゃんに渡した。えっ……今??「うん!もう何度もずっと電話してきてくれてるの」あっ……そうなんだだから早く!えつ……綾ちゃんは戸惑感いながらも私のケータイを持った。……。はあ何だろうあきらかに緊張しているようだった。緊張してんの??何?私はその姿がおかしく見えて笑ってしまった。
「はあ??緊張なんてするわけないでしょ!」
「あ~そうなら早く電話しなよ!!」
「わかってるようるさいな!」!あはっすると綾ちゃんは私に背を向け電話をかけ始めた。その後ろ姿からも緊張が伝わってきて面白かった。
宇都宮では色々なシチュエーションでホテルを利用する。あっ、綾だけど……すると電話が繋がったらしく話しはじめた。私は綾ちゃんが話してる間、コンビニで時間を潰すことにした。もし後輩に何か言われた時に、私が居たら綾ちゃんは強がって、素直に会話をしないような気がしたから。
「ちょっとコンビニ行ってくる……」
私はワザと言うと、そっと外に出た。そして適当にお酒をカゴに入れた。それにしても明日から、どうやって稼いでいこうか。私はふっと思った。もちろん、もうあの町に行くことはできない……今回は本当に捕まったら命の保障はないと思ったから。今まで、毎日のように生活していた場所。そこが無くなったら………一体どうしたらいいんだろう…。私は遠回りして綾ちゃんちに向かった。
そんな事を思いながら買い物を済ませると、ただいま~家に着くと綾ちゃんはソフアーに座り泣いているようだった。やばっ……帰ってくるの早かったかな……すると急に顔をあげた。あっ、おかえり!!慌てて涙を拭いた。
……うん「あっお酒買ってきてくれたあ~??」目が真っ赤なのに……私にいつも通りしゃべりかけた。買ってきたけど……私はテーブルにコンビニの袋を置いた。あ一飲んでもいい??どーぞ!!一体何の話をしていたんだろう………
じゃあ乾杯乾杯……私は綾ちゃんのテンションに無理矢理乗せられると、何も聞くな!
と言う雰囲気をかもしだされた。
完結そのままずっと綾ちゃんのペースでお酒を飲まされた。いつもなら私にヤスの話しも聞いてくるのに、今回は自分が聞かれるのが嫌なのか一切そんな話もしない。
「ほら~実花!早く飲めよ!」
「もう自分のペースで飲ませてよね!!」だんだん酔っ払ってきているようだった。
「てかさあ~最近買い物してなくない??」うんしてないね~綾、もう買い物したい!!えっ……「ねぇ~明日買い物ツアーしようよ」どんどん1人盛り上がっていた。はいはい……私は適当に会話を流す。
「もう聞いてる~!!ひどいなぁ~!!」
聞いてるってばぁ~「あー後ね、なんか温泉とかも行きたい綾がお金出すから旅行いこうよょ」次は温泉………??なんかやりたいことたくさんあるう~うんわかったよ~「もう!実花、全然人に話し聞いてない!!」聞いてるよお~いや、全然聞いてないから!「聞いてるって言ってるじゃん!!」だんだん2人は言い合いになった。
………。何よ!!すると綾ちゃんはふてくされケータイを思いっきり壁に投げつけた。
……ガンッ!!はあ?何してんの?私はその態度にムカついた。
「だってせっかく飲んでても楽しくない!!」綾ちゃんは言った。いつもの綾ちゃんは酔っ払ってもここまでひどくなることはない。何が不満なわけ?……。別にはあ???「楽しくないって言ってるだけじゃん!!」何それ?……。知らない「てかさあ、素直になればいいじゃん!!」私は綾ちゃんの目をじっと見つめ言った。はあ?何に?後悔してんでしょ??何が??「何がじゃないし!!

  • 歌舞伎町は普通が何の意味もない場所なので始末に困る
  • エッチな奥さんああ
  • 処女だったのかもしれないという思い

セックスに集中できそう

ツッチーのことに決まってるじゃん!!」その時だった……綾ちゃんの顔が一瞬固まる。後悔なんてしてないし……はあ………?それでも綾ちゃんは強がった。
「だったらさっきなんで泣いてたわけ??」……。泣いてないし!
「それに今日の綾ちゃんのその酔い方も全然違うじゃん!」
いつもと一緒だよ!「いつも一緒に飲んでる私が、違うって言ってるんでしょーが!!」……。うるさい何で無理矢理気持ちを隠すの??別にいいじゃやん!「隠す方が辛いんじゃないの??」..「何、勝手に終わらしてんのよ!!」T...すると綾ちゃんの目に涙が溢れた。実花には関係ないでしょ!!「……。はあ?関係ないって何??」
「綾の気持ちなんて、わかんないよ……」その言葉が私にはすごくショックだった……今までずっと綾ちゃんの恋は応援してきたのに………わかってあげてたつもりなのに………「……。そう。じゃあもういいや」私は立ち上がるとバックを持って部屋を出た。こんな悲しいことはない。綾ちゃんもそんな私の事は止めなかった。それから3日が経った………私は自分の家に帰ってきていた。
「実花、ご飯食べよう!!」はあ~いママがお昼ご飯を作ってくれた。
いただきまーす!!私は勢いよくチャーハンを食べた。実花今度はいつ友達の家に戻るの??てか、ママが聞いた。うーんまだ未定……喧嘩でもしたの??
何?「いや、そんな事はないけどさぁ」
「ふーんそうなんだ。バイトは??」バイトもしばらく休み……そう……「ちょっと、しばらくは家でゆっくりするんだ」
そっかあ!ママは少し嬉しそうに笑った。私もしばらくは何も考えずに過ごしたかった。どうせ、あの町には行けないし……あっ!その時だった。私はあの店が摘発されたのか気になった。どうしたの………??ママが聞く。ねぇ、新聞ある??新聞?今日の??「いやおとといくらいの!!」
「うんまだ捨ててないからベランダに置いてあるわよ!」あっ、わかった!私はそれを聞くと残りのチャーハンを結麗に食べた。
そしてベランタダから3日分の新聞を持ち、部屋に戻った。ごちそうさま!!部屋に入るとおとといの新聞から調べ始めた。うーん……。載ってない本当ならば綾ちゃんが言ってたのはこの日のはずなのに。まさか……まだ摘発されてないのかなぁ。それから昨日の新聞も見たが載ってない……えっ~そんなぁこんなに隅から隅まで探しているのに……そして最後に今日の新聞をみた。
「どうせこれにも載ってないでしょ……」私は期待しないまま探し始めた。2枚目………載ってない。3枚目………載ってない。4枚目……その時だった!……うん??これだ!!私は左端に小さく載っている記事を見つけた。
「未成年を働かせた疑いで社長逮捕」しっかりと店の名前も載っていた。……。捕まったこの時、私は小さく震えた。これが綾ちゃんのした復讐………これが現実……。
私はしばらくその新聞を握り締め固まった。この事、もう綾ちゃんには警察から連絡は来ているのか………何故か私が怖くなった……。
それに……盗んだお金のことは………バレないまま大丈夫だったのかぁ。その時、私のケータイが鳴った。相手は綾ちゃんだった。
愛撫の欲求にかられたのだ愛撫だったチンチンが勃たなく
私はドキドキしながら電話にでた。……。はい実花??今大丈夫??うん摘発、されたよ!やっぱり……今。新聞見た所……「そっかあ!昨日、綾の所に警察から電話きたんだ……」そうなんだ………「マジ、これで良かったって思う」……。うん「もう、あの町には行けないけどさあ……」そうだね……うん……そしてそれだけ伝えると綾ちゃんは電話を切った。
それから1ヶ月が経った。3人はお互いにいろんな事があって……働く場所もなくなって……会う回数も減った……
前は毎日、一緒に居た3人。1日1回は会わなくても連絡を取ったのに、今はそれもない。だけど、別に何も変わらなかった。自然と時が流れていたんだ………もちろん私は何もしてない。働いてもない……。ただ普通に毎日を過ごしていた。そんな日々を過ごしてた頃だった……。急なハルカからの誘いで1ヶ月ぶりに3人で会うことになった。
「じゃあ19時に、新宿でいい??」うんわかった久しぶりの電話も、別に何も変わらなかった。
私は一番に駅に着いた。すると5分ほどしてハルカが走ってきた。実花~!!あっハルカ!じゃあ行こうかっ「ごめん!綾ちゃんは??」えっ??「実花~!!今日何の日かわからないの?」今日………?一瞬考えたがさっぱりわからない……「もう!今日は綾ちゃんの18歳の誕生日だよ」そうだっけ!あっ!「そうだよお~!だからさあ3人でお祝いしようと思って」それで今日??綾ちゃんには1人だけ待ち合わせを20時にしてもらったんだようん!
そうなんだぁあ!「一緒にプレゼント選ぼうと思って実花には早く来てもらったのよ」
何だぁ~そうだったんだぁ!うんそんなハルカの提案だとは知らなかった。そしてさっそく私とハルカは短い時間で綾ちゃんの誕生日プレゼントを選んだ。何がいいかなぁ~迷うねぇ!!「でもさあ、ずっと使える物がいいよね??」
「うん!私さあ、誕生日に2人にもらったネックレス毎日つけてるもん」ヘえ~そうなんだぁ嬉しい「だから身に付けられるものは嬉しいよね」
「うん!じゃあアクセサリーにしよう」そうしよう私達はデパートに向かった。綾ちゃんに似合うアクセサリーを探して。あっこれかわいい本当だぁ~ハルカが見つけたかわいいハートのネックレス。これいいじゃんうんすると店員さんが声をかけた。
「それと同じデザインで指輪もあるんですよ」指輪??これなんですけどぉすると店員さんがガラスケースから出してくれたハートの指輪論。
それを見た瞬間、私とハルカは同じリアクションだった。
「やばあい超かわいいんだけど」うんかわいいハートが3つ重なってるデザインだった。
乳首舐めをしてくれと要求

デリヘルで女の子と遊んできました

「ねぇ!これにしよう!!」私は言った。うんてかぁ私達もお揃いで買わない??うん欲しい「なんかハートも3つで私達みたいじゃん」
「うん仲良しな感じでいいね」
本当、そしてこの指輪を綾ちゃんの誕生日プレゼントに決めた。これなら絶対に喜んでくれるはず私とハルカは早くこのプレゼントを渡したくてワクワクした。
「じゃあそろそろ駅に行こうかぁよ」うん綾ちゃん来てるかなぁそしてちょっと早めに駅に着いた。ハルカがお腹をさする。それが自然と目に入った。
「えっ!!もうちょっとお腹でてるじゃやん。」私はびっくりした。
「あっうんなんか意外と早いもんだよお」そっかあ~すごいねうんその時だった……実花!ハルカ~うん?
あっ綾ちゃん!!小走りしながら私達の所に近寄ってきた。
てか、2人とも早いねぇ~あっうんまぁあね私とハルカはニコっと笑った。
「てか今日はどこ行くのお??」綾ちゃんが言う。
「あ一私が今日は予約取った店があるの!!」ハルカが??「うん雑誌で見てさあ!」へえ~楽しみあはっそして3人で歌舞伎町を歩く。
「なんか久しぶりだよ、こんなギラギラJ」確かに……はあ~でも落ち着くねようん私も思ったそんな話をしながらハルカの予約する店に着いた。
ここだよお「へぇ~なんかすごい雰囲気のイイ店だね」
「でしょしかも個室だしゆっくりできるかなぁと思ってよ」うんいいじゃやんいいじゃん綾ちゃんのテンションは上がっていた。そして席に通された。てかマジいい感じだねぇうん本当
店の中はアジアン風にまとまっていて、とても落ち着く感じだった。そしてゆったりとしたソファアーが置いてある。
なんか落ち着くわよーし乾杯しよう「うん私は飲めないからさあ2人はドンドン飲んじゃってよ」
「あっハルカ飲めないのかあ………」うんごめんね!「じゃあワインでも頼もうかぁよ」私は言った。いいねぇ~そしてワインを注文した。じゃあ乾杯しますかぁよハルカがオレンジジュースを片手に持ち言った。はいその時だった……「じゃあ今日は綾ちゃんの18歳のお誕生日です!おめでとう乾杯」ハルカが綾ちゃんの顔を見てニコっと笑った。すると……乳首舐めをしてくれと要求

乳首舐めをしてくれと要求

えっ……何?
何?
綾ちゃんは驚いた様子で私達の事を見た。綾ちゃん誕生日おめでとう私からも言葉をかけた。
「マジで~すごい嬉しいんだけどお!!」
「はいそんでこれは2人からのプレゼント」ハルカがさっき買ったプレゼントを渡した。えっ!マジで??
「うん絶対に気に入ってくれると思う」ねっ私とハルカはワクワクしながら綾ちゃんの喜ぶ顔が見たかった。するとゆっくり箱を開けた。
そしてしばらく指輪を見つめ言った。超~かわいいんだけど!!!綾ちゃんは思った通りのリアクションをしてくれた。
「でしょ?気に入ってくれたJ」本当……嬉しいんだけど良かったすると綾ちゃんはうっすら涙を浮かべた。
「私、今日自分の誕生日なんて忘れてたんだよお……」そうなの??「だから本当すごく驚いたし、感謝してる」それなら良かったよ私は言った。
「正直さあ………最近3人で会ってなかったじゃん??」うん!………うん「それがなんかすごく悲しくてさぁ………」
綾ちゃん………「だけどさあ、いつもなら仕事があるからそれを理由に電話もできたけど、今は何もないからさあ……」そっかあ……まさか綾ちゃんがそんな風に思っているとは思わなかった。私はこの1ヶ月何も変わらず過ごしてきたつもりだった……。きっとハルカも私と同じだったと思う。

綾ちゃんはいつも私達の前ではしっかりしたお姉さんだけど本当は一番弱くて寂しがりやだったのかもしれないなあそして私達はその会ってなかった1ヶ月間の話を語り合った。綾ちゃんが社長を復讐して店を潰したこと……。もちろんハルカはビックリしていた。マジで……「うん!ハルカのために復讐したかったんだ……」綾ちゃん………「あっそう!それとこれ!」すると綾ちゃんはバックから封筒を取り出しハルカに渡した。うん?何??ハルカは何のことかさっぱりわかっていない。そして封筒の中身を見て驚いた。これ何??はあ??「ハルカが無駄に返した借金分だよ」綾ちゃんが言った。
「えっ?私、あれっきり10万しか減ってないはずだけど……」


宇都宮では色々なシチュエーションでホテルを利用する。 ペニスをぶらさげたままとまどっている 仲良くなれる可能性高いです